NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

立花証券

豊富な投資情報とトレーディングツール!実店舗での投資相談も可能

老舗の証券会社であり、対面・電話・インターネット取引のいずれの方法でも取引が可能です。特に対面での取引は、「ストックプラザ」という店舗で専門資格を有したスタッフに相談ができ、初心者にも安心なサービスとなっています。

 

さまざまな角度から投資信託の分析ができる「ファンドナビ」の利用や、業績評価・同業他社比較などの情報を追加した「会社四季報」の閲覧も無料です。

 

現物取引・信用取引では、手数料を1注文ごとに算出する個別コースと1日の約定代金合計から算出する定額コースを選べます。
現物取引の個別コースは108円から、定額コースは216円から。信用取引の個別コースは54円から(約定代金1,000万円超は0円)、定額コースは540円からです。

 

通常の指値注文とは逆に、指定価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売る」というロストカット(損失限定)の「逆指値注文」や、指値注文と逆指値注文が同時に発注できる「ダブル注文」、発注した注文(親注文)が成立したら、登録済の別の注文(子注文)が執行される「連続注文」など、注文方法もさまざま。

 

レバレッジをかけ、大きなリターンを狙いたい投資家にとっても利用しやすい環境と言えます。

詳しく知りたい方はコチラ

NISAへの対応

ジュニアNISAには対応していません。対象商品は、国内投資信託(中期国債ファンド、MMF、MRFは対象外)、国内上場株式(ETF、REIT、ETNを含む)。NISA口座のみを優遇する特別な対応やキャンペーンは実施されていません。

まとめ

  • 現物株式の注文ごとの手数料は108円(税込)から
  • 信用取引の注文ごとの手数料は540円(税込)から
  • 実店舗「ストックプラザ」で初心者も安心な投資相談対応
  • 投資信託分析の「ファンドナビ」や上場企業情報「会社四季報」の閲覧が無料

基本情報

ネット注文5:30~翌3:30
※現物株式・信用取引
電話注文平日8:30~14:30(当日分)
平日15:30~17:00(翌日分)
店頭注文平日8:30~16:00
スマホ取引あり
投資相談あり
※店舗でのみ可
セミナーあり
口座優遇-
キャンペーン-
株式手数料108円~
※現物株式・定額コース
商品

NISA
現物株式
信用取引
投資信託
くりっく365
日経225先物/mini
日経225オプション

詳しく知りたい方はコチラ