NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISAへの投資割合はどれくらい?
NISAアンケート調査

NISAへの投資割合はどれくらい?

6,400人に聞いた【NISA比較ナビ】アンケート第3弾

  • ●どんな金融商品にどれだけ投資する?
  • ●NISAにはどのくらいの割合で投資?

上記について「NISAを知っている」とお答えいただいた900人にお聞きしました。

投資状況について

過去、現在、将来の投資について、複数回答可で金融商品をお答えいただきました。

NISAへの投資割合はどれくらい?

まずは「過去」「現在」とも投資している金融商品について。第1位が「国内株式」、第2位が「定期預金」、第3位に「国内投資信託」「NISA」が続きます。NISAをご存知の方々だけあって、「定期預金」よりも「国内株式」に投資している方多いのが特徴と言えます。

現在の投資のメジャーな商品としては、「国内株式」「定期預金」「NISA」「国内投資信託」があげられます。その他に、「保険商品(学資・年金含む)」「年金商品」「外貨預金」が組み合わさっています。

「現在」「将来」を比較すると、「NISA」に積極的に投資しようとする傾向が見られます。反対に「定期預金・積立」への関心は少ないようです。

投資している金融商品

前述の「現在投資中の金融商品」をお答えいただいた方に、金融商品ごとに投資割合を記入していただいた結果です。

NISAへの投資割合はどれくらい?

「全体」「統計量母数」がその金融商品に記入した人の数です。これは「国内株式」「定期預金」が多くなっています。

全投資金額のどのくらいの割合をそれぞれの金融商品に投資しているかは、一番右側の「中央値」に示されます。その金融商品でもっともよく入力された値が中央値です。ここも「国内株式」50%、「定期預金」50%が一番高い数値となっています。

この2つの金融商品には、多くの人が高い割合で投資をおこなっていることがわかります。「NISA」に関しては、全投資額の10%程度を投資している人が多いと考えられます。

回答者の貯蓄状況

今回アンケートに答えて頂いた方の貯蓄状況です。

NISAへの投資割合はどれくらい?

現金だけでなく株式も含む状況であり、積極的に投資をおこなっている方々だけあり、高い金額になっています。

今回のアンケートから、投資に対して意識の高い方々は、NISAについて知っていて関心は持っているものの、全体の投資バランスを見ながら、株式や貯蓄をベースに、NISAにも少し投資をしているという状況が見られます。

調査概要

「NISA利用実態調査」
エリア:全国
サンプル:男女 30-59歳、6400サンプルから900サンプル抽出
調査方法:インターネットアンケート
調査日:2015年3月15日・16日

NISA口座一覧