NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISAおすすめの株式はこれだ!
NISA特集コラム

NISAおすすめの株式と優待

NISAに最適な配当・株主優待

NIDAで株式を購入する場合、高配当なことに加え、株主優待のある株式を選ぶとお得感があります。非課税の利点を活かすためには、株主優待だけで選ぶのはおすすめしませんが、迷ったときに株主優待を参考にするのはありだと思います。

また、いきなり大きな損をしないためには、まず10万円前後で購入できる株式を試してみると良いでしょう。

たとえば吉野家。ざっくりとですが、2019年1月末時点のデータでは1株1,700円前後です。100株からの購入になるので17万円として、年間配当金が2,000円。株主優待として年2回、3,000円分のサービス券が進呈されます。

仮にNISAの非課税期間である5年間、株価と配当金・優待が同じ水準を保ったとします。この場合、17万円の投資で配当金は合計10,000円となり、優待として合計30,000円分のサービス券をもらえることになります。

株価や市場の状況は変化しますので、5年間まったく同じということはあり得ませんが、目安にはなるのではないでしょうか。定期預金の非常に低い金利に比べると、投資の甲斐はあるのではないかと思います。

別の例で、イオンの株式について考えてみます。これもざっくりですが、2019年1月末時点のデータでは1株2,000円前後。100株からの購入なので20万円として、年間配当金が3,400円。株主優待として、持株数に応じてイオングループ店舗でキャッシュバックされるイオンオーナーズカードが発行されます。100株の場合は3%のキャッシュバックとなります。

また、イオンオーナーズカードでは、イオンモールなどのイオングループ店舗内に設けられている「イオンラウンジ」というサービス施設を利用することもできます。イオンラウンジでは、無料のソフトドリンクやお菓子なども用意されています。

その他人気のある株主優待

特に日本の企業には株主優待を用意しているところが多いです。Yahoo!ファイナンスなどでは、株主優待による検索もできるので参考にしてみてください。

吉野家やイオンの他にも、たとえば以下のような株主優待が人気です。

ANA ANA国内線の優待割引
ANAグループ各社・提携ホテルの優待クーポン冊子
マクドナルド バーガー類・サイドメニュー・飲物の無料換券シート
カゴメ 新商品・注力商品等詰め合せ<
日清食品 製品詰合せセット
オリジナルグッズ
クロスプラス 選定商品またはクーポン券
タキヒョー オリジナルギフト
50万円相当分旅行券を抽選で10名に贈呈

NISA口座一覧