NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISAの上手な活用法

ゆうちょ銀行でNISA運用するならこの投資信託で

ゆうちょ銀行でNISAを運用する場合は、公募株式投資信託のみとなります。

ゆうちょ銀行では店舗窓口およびウェブ上での投資信託の取り扱いがあります。ただし、店舗窓口では取り扱っていない商品があり、ウェブのほうが選択肢は広くなります。

また、ゆうちょ銀行のウェブサービスとして「ゆうちょ投信WEBプレミア」という有料会員サービスがあったのですが、2018年5月2日(水)をもって取り扱い終了となっています。

NISAで投資信託を運用するポイント

NISA投信を購入際の注意点」や「NISAでできる安心の貯蓄術」でも紹介していますが、NISAで投資信託を運用する場合は、以下3点を踏まえることをおすすめします。

  • ●手数料は0円、運営管理費(信託報酬)の低いもの
  • ●毎月分配型ではなく年1回
  • ●総資産50億円以上

ゆうちょ銀行おすすめの投資信託

上記のポイントを踏まえ、ゆうちょ銀行取り扱いの投資信託の中からNISAで運用可能なものをあげるとすると、下表のようになります(2019年1月時点)。

名称 運用会社 運用管理費用(信託報酬)
つみたて日本株式(TOPIX) 三菱UFJ国際投信株式会社 年率0.1944%(税抜き 0.1800%)
つみたて先進国株式 三菱UFJ国際投信株式会社 年率0.216%(税抜き 0.200%)
つみたて8資産均等バランス 三菱UFJ国際投信株式会社 年率0.2376%(税抜き 0.2200%)
野村6資産均等バランス 野村アセットマネジメント株式会社 年率0.2376%(税抜き 0.2200%)
JP4資産均等バランス JP投信株式会社 年率0.1053%(税抜き 0.0975%)
実質的な運用管理費用:年率0.2376%程度(税抜き0.2200%程度)

いずれも、ゆうちょダイレクト(ダイレクトサービス)からの申込で手数料無料となります。また、収益分配はすべて年1回です。

ゆうちょのNISA口座はコチラ

ゆうちょのNISA

NISA口座一覧