取扱いNISA口座を一括比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

「生活を豊かに!」投資がもっと身近になる投資初心者の目安箱

過去の自分へアドバイスするなら?楽しく充実した投資ライフのために!

Q400 さん (投資家/40代)
投資歴:3年以上~5年未満


株式、為替の投資には興味はあるけど、大切な資産を失うのが怖くてなかなか一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

株式投資を始めた当時、企業の中堅社員であった自分もその一人です。今後の生活は勿論老後の事も考えると「自分の力で収入を得る」そんなスキルが必要ではないか?それなら今勉強するしかない!そんな思いから先ずは株式投資に関するノウハウ本を買って勉強です。

特に株価の値動きの読み方が重要だと考えていたので株価チャートに関するものに重点を置いて勉強しました。少しの知識を理解した後、知名度のある証券会社に口座を作り比較的少額の資金で株式投資デビューです。

株式投資は「安く買って、高く売る」が基本です。安く買って、高くなったら売るだけの単純な事なのですが思う様に利益が出せません。それは何故か?と言いますと、安く買うのではなく、株価が急に高騰し始めたものをつい買ってしまい、買ったところが売り時の事も多く、結果的に売られて株価が下がります。

急騰している銘柄を買えば、幾らかでも儲けが出せるかもしれない!今買わなかったら乗り遅れるかもしれない!そんな人間の心理です。そんな失敗を繰り返している自分に気付きました。それよりも株価が急落した時に買えば良いのではないか?と考えてました。

勿論、株価が急落する原因は様々で、業績不振、業績下方修正、不祥事等の悪材料で急落する事も多々。そんな銘柄には手を出さない事です。また株取引に関するサイト等でも確認出来ますが、該当する銘柄の企業に好材料や悪材料、決算発表日を日々確認しておく癖をつける事も重要です。特に悪材料が無いのに株価が下がったので慌てて売ってしまったら、翌日好決算の発表でストップ高になった・・・そんな事もあります。

今でこその視点ですが、悪材料が無いのに株価が下がった時は絶好の買いチャンスと捉えるべきではないでしょうか?悪材料が無く、業績も好調、長期的に見た株価が安値圏であるか、上昇トレンドにある銘柄である事、それらを確認していれば買ってもリスクは少ないでしょう。そんな経験を踏まえて作戦変更する事で少しずつではありますが、利益を出す事が出来る様になりました。だた、作戦変更だけで利益を出せる様になった訳ではありません。やはり日々の経験、値動き等の観察、企業分析等が重要なのは言うまでもありません。

証券会社のサイトをご覧いただき、少額からでも株式投資を始められてみては如何でしょうか?これから株式投資を始めてみよう!と思われる方々が、楽しく充実した投資ライフを手に入れるきっかけとなればと願って止みません。

口座をお探しの方はこちらから

NISA相談