取扱いNISA口座を一括比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISA比較経済ニュース > 日本郵政3社、上場決定!

経済ニュース

日本郵政3社、上場決定!

2015年08月27日

やっと日本郵政3社の上場日が決定しました。11月4日(水)です。
日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が一気に上場するわけで、NTT以来の大型IPOと言われています。

さてNISAに直接関連するのは「ゆうちょ銀行」となります。今現在もNISA口座を開設すること可能なので、この上場でどう変化するのかが気になるところです。

通常の「銀行」であれば、我々庶民からの預金を企業などに融資し、利ザヤを得ているのが本来の銀行ですが、ゆうちょ銀行の場合、われわれからの預金・貯金を企業に貸すわけでもなく、国債などの運用で賄ってきた経緯があります。

上場するにあたり、当然企業としての利益はもちろん収益率などもチェックされますから継続的な成長が望まれている状態です。いままでのように国から国債だけで収益があがるとは思えません。

6月に下記のようなニュースがありました。

ゆうちょ銀行が三井住友信託銀、野村HDと資産運用会社を設立へ。郵便局で投信など販売

あらたな収益・成長するための方策として資産運用会社を設立しました。これは来年2月サービススタートする予定です。

ここで少し心配なのは、企業ですから成長(収益を上げる)していかなくてはならないのは理解していますが、日本全国田舎含め広いネットワークを持つゆうちょ銀行が、販売手数料・運営管理費の高い投資信託商品を開発し、販売することです。

今まで投資したことない人が地元の顔見知りの郵便局員にNISA含めセールスされれば、それは本来の「貯蓄から投資へ」から外れることになるのでは…?と危惧されるのです。

我々はゆうちょ銀行の株も買えるようになりますが、逆にゆうちょ銀行に貢ぐ人にもなりえるのです。
そうならないためのファイナンス・リテラシーを一緒に学んでいきましょう。