NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

金融機関を選ぶポイント
NISAアンケート調査

金融機関を選ぶポイント

6,400人に聞いた【NISA比較ナビ】アンケートの第2弾

  • ●どの金融機関でNISA口座を開設するか?
  • ●その金融機関でNISA口座を運用することにした決め手は?

上記のテーマについてアンケート結果を基にまとめました。

金融機関を選ぶポイント

一般的に証券会社・銀行などの金融機関を選ぶときに、重視するポイントを3つまでお答えいただきました。

金融機関を選ぶポイント

一般的に金融機関を選ぶとき重視するポイントで高かったのが、以下の3つです。

  • 1.手数料の安さ
  • 2.インターネットで取引できる
  • 3.知名度

その他、以下も比較的ポイントが高くなりました。

  • ATM引き出し手数料が無料
  • ATMなど普段必要なものがそばにある

現金の預入や引き出し、振込などをおこなうときに、上記がポイントになるのは納得できるところです。

次に、NISA口座を開設する金融機関を選ぶときに、重視するポイントを3つまでお答えいただきました。

NISA口座を選ぶポイント

NISA口座を開設するにあたり重視するポイントの上位3つは次の通り。

  • 1.手数料の安さ
  • 2.インターネットで取引できる
  • 3.知名度

これは一般的に金融機関を選ぶときと同じ結果です。しかし違いが出たのが、上記に次いで重視されるポイントです。前述の回答ではATM関連が重視されていましたが、NISA口座開設で重視されるのは次のような点になりました。

  • キャンペーンやポイントがある
  • 説明のわかりやすさ
  • 投資関連情報の豊富さ
  • 取扱商品の多さ

この回答傾向からは、多くの金融商品の中から自分に適した金融商品を選びたいというニーズが伺えます。

利用者の多いNISA口座

実際にNISA口座を開設・運用している方々は、具体的にどの金融機関に口座開設をされているのでしょうか。まずは、NISA口座に関わらず、普段利用している金融機関をお聞きしました。

NISA口座はどう決める?金融機関を選ぶポイントとは?アンケート結果

「ゆうちょ銀行」が都市銀行と僅差ながら1位になっています。日本全国に隈なくあるところがゆうちょ銀行の強みでしょう。

また、都市銀行に続いてネット銀行が3位となりました。「ネット証券」も「地銀・第二地銀」と同じくらい利用されているのがわかります。さらに、「イオン銀行」が単体で信託銀行と同じくらいの利用となっており、広く普及していることがわかります

次に、NISA口座をどこの金融機関で解説しているかをお聞きしました。

NISA口座はどう決める?金融機関を選ぶポイントとは?アンケート結果

結果は下記の通り。まず順当な結果と言えるでしょう。

  • 1.ネット証券
  • 2.大手証券
  • 3.都市銀行

平日は仕事をしながら投資もするとなると、いつでも気軽に手続きができるネット証券が一番多いのは納得できます。次に「大手証券」が来ているのは、やはり株式・投資信託を購入するとなると、安心感やサポートを重視するところがあるのでしょう。続く「都市銀行」も同様の理由ではないでしょうか。

調査概要

「NISA利用実態調査」
エリア:全国
サンプル:男女 30-59歳、6400サンプルから900サンプル抽出
調査方法:インターネットアンケート
調査日:2015年3月15日・16日

NISA口座一覧