ジュニアNISAの特徴とは

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

こどもNISAと学資保険

学資保険とは

NISAアンケートによると貯蓄を意識し始めたタイミングは「社会人になったとき:49.3%」「結婚したとき:25.1%」「子供ができたとき:16.4%」が上位3つとなります。

やっぱり子供が生まれたら責任感じますからね。「この子の教育含め貯金しないと…」ってなりますし、「もし私がなにかあったら…保険に入った方がいいかな?」といろいろ考えるタイミングであると思います。

そんな状況でよく聞くのが保険の「学資保険」。

基本は生命保険なのですが、契約者(一般的には夫、もしくは生計者)が万が一亡くなった時は以後の保険料は払わなくても子供の節目節目(小学校入学・中学入学・大学入学など)のタイミングで学資祝金形で祝い金を受け取れる保険です。最近は17歳の大学入学時に焦点を絞ったプランが多いです。

ソニー生命のホームページで紹介されている解りやすい例では、17年満期で月々13,410円を支払い、払込保険料総額 2,735,640円で17年後の満期には学資祝い金(54万円+54万円+180万円)で288万円が戻ってくる内容でした。

これって金融商品として考えるなら、月々13,410円を支払って毎年0.65%で運用すれば最終的に288万円ってことになります。(祝い金のタイミングやなにに保険をかけるか、など含めたくさんの保険会社が販売しています。よく確かめてくださいね)

万が一のことを考慮するとそこはさすが保険なので安心感はあるかと思います。それに契約者の年齢が若いと当然のことながら死亡する確率が低いのでより利率がよくなると思います。毎月支払うのではなく、一時払いで一括支払いの場合さらに保険料が下がります。

ということで「学資保険」をまとめるとこうなります。

  • ● 保険なので将来の不安に対応できる
  • ● 利率も今の定期預金に比べればまだいい

あえて難点を言わせてもらえばこの点でしょう。

  • ● 17年間という長い期間同じ金額・利率が適用されるので変化に対応できるか?
  • ● 子ども教育費をすべて保険で充当できない

保険に加入する際によくあるのが、「教育費って結構たくさんお金がかかる」なので最低でもこれくらいは、という内容です。すべての教育費を保険で賄うのはナンセンスですし、17年間のあいだ固定なので多額のお金を保険で縛られないようにしなくてはいけません。学資保険の金額を高く設定したため、日々の生活に支障がでたら、子供の教育どころではありません。あくまでも生命保険ということを意識したほうがよいでしょう。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAとは2016年4月からスタートした未成年を対象としたこども向けNISAです。概ね下記のような概要となります。これで本人分もしくは奥様分と合わせて、ジュニアNISAをスタートされれば3人家族で年間320万円まで非課税。結構大きい金額ですよね。

ジュニアNISA口座の特徴をまとめました。

  • ● 日本居住の未成年(0-19歳)の個人が対象
  • ● 年間80万円の非課税枠
  • ● 投資による収益が、最長5年間非課税
  • ● 18歳までは原則引き出し不可
  • ● 口座は、親権者または祖父母など二親等以内の方が代理で運用・管理

現状では80万円の非課税枠が最大5年間つきますから子供一人につき400万円の非課税枠となります。これは学資保険の288万円をそっくりカバーできる金額です。 さて、保険という性格がある学資保険ですが、保険という商品上どうしても他の金融商品のように多くのリターンを保証できない面があります。また、17年間のなにも打つ手がない(つまり決定したもの)状態となります。失われた20年という言葉があるようにこの20年間日本は大きなインフレも無く、同時に庶民が実感するような景気も無かったように思えます。今政府は2%のインフレ率を狙って景気の底上げしようとしています。

卵が物価の優等生という言葉を聞いたことがあるかと思います。他のものが2,3倍と値段が上がるのに卵の価格は大きな変動がなかったことからそう言われています。(余談ですが、なぜ価格が上がらなかったというと鶏の餌が輸入で安くなったから、)

今から17年後、日本の経済状態を見通すのは無理です。未来なんて誰もわかりません。5年後にぽっくり逝ってしまうかもしれません。その時は学資保険をかけておいてよかった、ってなるかもしれません。しかし、保険会社も馬鹿じゃないので一般的に契約者が死亡する確率をもってして保険商品を開発しています。でなければあんな大きな自社ビルを持つことなどできません。保険会社は自らの利益を見越した商品開発を行い、お金を集め、それを運用して支払うより多くの利益を得て会社が成り立っています。

未来を見通せないので、保険は必要。
その通りと思います。家族を経済的に苦しめることは避けたいです。
17年間も今の経済状態とは考え難い、なにかしら変化があるはず。
インフレが進行して定期預金金利が1.5%になっていたら、そちらの方に預け変えたい。

ということは…

保険金額を必要最低限し、その浮いた分を非課税枠にて運用。もし学資保険の金額を半分の144万円にして月々13,410円の半分の6,700円をNISA(ニーサ)に割り当てるなら、毎年0.65%以上で運用できれば学資保険よりも大きな祝い金を得ることができます。それも非課税で。誰もが解らない未来だから、できるだけなにかできる選択肢を残したやり方がベストと考えます。

みなさんも保険に加入する際はよく考えてみてくださいね。

NISA口座一覧