NISAに最適な株式を考える

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISAおすすめの株式はこれだ!

ニーサに最適な配当・株主優待はこれだ。

もともと株主優待には税金はかかっていないので、ニーサを活用するなら高配当&株主優待銘柄がベストになります。それに将来その会社がどうなるか誰もわからないから、なるべく10万円前後の株価でお試しで実施するのがよいのではないかと考えています。いきなり定期預金崩してやる話じゃありません。

吉野家ですが(2015年2月現在の価格で)株価13万円で購入して、配当金2000円・株主優待6000円分のサービス券だとしたら、利回りは6.15%になります。(これがニーサでないと5.84%に下がってしまいます。配当に税金を払う必要があります)牛丼(並)が年間15杯無料で食べられます。

仮に5年後、株価が購入時と同じ13万円になっており、配当・優待が継続していたなら、 4万円(配当・株主優待)となり投資した13万円+4万円=17万円となります。これは13万円投資して17万円になったことになります。 言い換えるなら、13万円で、5年間に現金1万円と牛丼(並)が無料で78杯を食べられることになります。

仮に5年後 倒産してしまったとしたら、13万円投資してリターンが(配当2000円+株主優待6000円)× 5年=4万円なので9万円の損となります。この場合、牛丼(並)一杯あたり1540円になってしまいますね~。

誰もわからない未来ですが、吉野家株を持っていることで年間15杯は無料で食べられます。定期預金では到底できないことですね。(定期預金金利 0.03%なので13万円を5年間だと、1339円金利がついて税金がとられて1070円となります。これだと牛丼2杯が限界)

お近くにイオンがあって、よく買い物なさるのであれば、(2月現在の価格で) 株価13万円で購入して、配当金2800円・株主優待3%のキャッシュバック、配当金だけで利回りは2.1%になります。これにキャッシュバック3%なので、どれだけイオンで買い物するか、でさらにお得となります。さらに株主が利用できるイオンラウンジでお茶まで飲めます。

写真:AEONラウンジ
イオンラウンジでは無料でソフトドリンクとお菓子が頂ける

その他人気のある株主優待

吉野家とイオンを紹介しましたが、株主優待実施企業はどんどん増えているので下記サイトでチェックするとよいです。なかには抽選ですが海外旅行へ行けるものもありますよ。これ宝くじよりぜったいに確率高いはずです。宝くじ買うくらいならこの株をニーサ枠で購入したほうがリターンは多いのじゃないだろうか?

ANA片道1区間ご搭乗時普通運賃の50%割引
マクドナルド1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物、
3種類の商品の無料換券が1冊になったシート6枚
カゴメ1,000円相当の自社商品
日清食品当社グループ「製品詰合せセット」1500円相当
クロスプラス(株)小売価格 3,000円相当自社グループ商品またはクーポン券3,000円
抽選で10名様に30万円相当の旅行券プレゼント
タキヒョーオリジナルギフト
50万円相当分の旅行券を抽選で10名の株主様に贈呈
Yahooファイナンス株主優待

NISA口座一覧