NISA(ニーサ)のおすすめ口座を徹底比較

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

NISAの上手な活用法

複利効果が得にくい毎月分配型の投資信託はNISA口座を使用する?

NISA口座でおすすめの投資信託

有名な投資家バフェットの『配当金より、自社株買いを薦める理由』を踏まえると、売却益や配当金に課税されないNISAには、以下のようなメリットがあります。

1.年間の投資金額120万円の中で、非課税で受け取った分配金を再投資できる。

2.将来のキャピタルゲインである売却益への非課税を目指し、長期投資ができる。

NISA口座以外の一般または特定口座では、分配金に課税されてしまいます。投資信託などで分配金を毎月受け取っていると、税金分に複利効果が得られません。資産規模が1,000万円未満など資産が少額の場合には、NISA口座で分配金の再投資というのも悪いアイデアではありません。

一方、資産規模が1,000万円以上あるなど、資金が豊富な場合はNISA口座で毎月分配金を得る投資の方法は非効率です。これは、アメリカの有名な投資家であるバフェットが『配当金よりも、自社株買い』を企業にすすめる理由と同じです。

企業が同じ1億円を株主に還元するならば、受け取った時点で課税される配当金よりも、売却時まで課税の繰り延べができ、複利効果を得ることができる自社株買いの方が投資家へのメリットが大きいのです。

配当金から支払われる20%の税金分をすでに運用している元本と共に投資信託や個別株などで運用することで、投資元本を少しでも増やし、スノーボール、すなわち、雪だるま式に資産を増やしていくほうが将来的に大きな資産の増加が望めます。資金に余裕がある場合、NISA口座を使って毎月分配型の投資信託などへ投資すると効率が良くないということになります。

下の表は、30年間毎年100万円を投資した場合のイメージです。利回り5%でずっと運用した場合、30年後には複利効果で、そうでない場合と比較して、資産に約1,000万円もの差が生じます。

NISA口座は、一般口座や特定口座に比べ、非課税となる分、明らかに効率的に運用できます。

まとめると、資産規模が小さく、長期運用よりも毎月少額でも良いので現金を得たい場合は、NISA口座を使った毎月分配金型の投資をお勧めします。しかしそうでない場合は、NISA口座では複利効果を最大限に活かした将来のリターンを期待して、配当金がない投資信託、または個別銘柄を長期間運用したほうが効率的といえます。

NISA口座一覧