ゆうちょで投資信託を購入するなら

NISAのことがよく分からない、これから口座開設したい、という方へ、上手な活用方法やおすすめ口座情報をお届けしています。

advance0701

全国に圧倒的なネットワークを持つゆうちょ銀行そのため安心感が高いのがゆうちょ銀行の魅力でもあります。
そんなゆうちょ銀行でNISAを運用するとなると投資信託を購入・運用することになります。

ゆうちょ銀行の場合、すべての窓口で投資信託を取り扱っている訳でないので注意が必要です。もよりの窓口で確認するのがよいでしょう。ちかくに窓口がなくともこんな時代ですからインターネットで取引も可能になっています。

ゆうちょ銀行ではオンラインでも投資信託商品を販売しています。無料のサービスと有料会員サービス「ゆうちょ投信WEBプレミア」というサービスもあります。年会費が必要ですが、保有している投資信託残高からキャッシュバックしてくれるサービスです。NISAを初めてスタートする方なら一般的な無料会員からスタートするのが無難のようです。

ゆうちょ銀行の場合、窓口・オンライン無料会員・ゆうちょ投信WEBプレミアのそれぞれで購入できる投資信託商品の幅がちがいます。

窓口で購入できるのが39本の投資信託、オンライン無料会員になるとさらに29本増えて68本の中から投資信託を選ぶことができます。ゆうちょ投信WEBプレミアになるとさらに35本増えるので100本ちがい中から選ぶことができます。

たくさんある投資信託商品でなにを選ぶのがよいのでしょうか?

NISA投信を購入際の注意点」や「NISAでできる安心の貯蓄術」でも記載したように、下記3つが投資信託をNISAで運用するポイント。

  • ●手数料は0円、もしくは低いもので運営管理費(信託報酬)の低いもの
  • ●毎月分配型ではなく、年1回
  • ●総資産 50億円以上

ここではあえて窓口とオンライン無料会員で購入できるものに限定しています。
下記がその一覧です。

購入する際に必要なコスト保有している間必要なコスト解約時に必要なコスト
店頭・テレホンサービスゆうちょダイレクト分配 申込手数料運用管理費用換金
手数料
総資産



野村資産設計ファンド【愛称:未来時計】年2回1.62%0.93%-20億
野村世界6資産分散投信(安定コース/分配コース/成長コース)毎月1.62%0.67%0.3%400億
スマート・ファイブ(毎月決算型)毎月2.16%1.44%-181億
スマート・ファイブ(1年決算型)年1回2.16%1.44%-62億
東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)【愛称:円奏会】毎月1.62%0.9%-380億



大和 ストック インデックス 225 ファンド年1回2.16%0.56%-296億
SMTAM JPX日経インデックス400オープン年1回2.16%0.62%-26億
GS 日本株式インデックス・プラス年2回2.7%1.08%-119億
フィデリティ・日本配当成長株投信年4回3.24%1.16%0.3%155億
三菱UFJ優良日本株ファンド【愛称:優くん(ユウクン)】年2回2.7%1.08%--
日本株式SRIファンド年1回2.59%1.73%0.3%42億
eMAXIS TOPIXインデックス年1回-0.43%-140億
JPMジャパンプライム年1回2.59%1.78%--



SMTAM NYダウインデックスオープン年1回2.16%0.75%0.2%22億
日興五大陸株式ファンド年4回2.16%1.19%0.3%218億
DIAM世界好配当株式ファンド(毎月決算型)【愛称:ハッピーインカム】毎月3.24%1.19%0.3%125億
新光サザンアジア株式ファンド年2回3.24%1.4%0.3%38億
米国成長株オープン【愛称:成長大陸】年2回3.24%1.17%-12億
JPMグローバル医療関連株式ファンド年4回3.24%1.33%-371億
eMAXIS 先進国株式インデックス年1回-0.64%-290億
eMAXIS 新興国株式インデックス年1回-0.64%0.3%250億
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)毎月2.59%1.19%-125億
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)年1回2.59%1.19%-125億
JPM北米高配当株プライム年2回2.59%1.67%--



ニッセイ日本債券ファンド(毎月決算型)毎月1.08%0.92%-154億
eMAXIS 国内債券インデックス年1回-0.43%-170億



日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)毎月2.1%1.08%0.2%984億
三菱UFJ 先進国高金利債券ファンド(毎月決算型)【愛称:グローバル・トップ】毎月2.1%1.19%-1300億
ダイワ成長国セレクト債券ファンド(毎月決算型)【愛称:セレクト9】毎月2.16%1.45%-862億
ダイワ成長国セレクト債券ファンド(年1回決算型)【愛称:セレクト9-年1回-】毎月2.16%1.45%-4.8憶
野村米国ハイ・イールド・ファンド(毎月決算型)為替ヘッジあり毎月3.24%1.84%-75億
野村米国ハイ・イールド・ファンド(毎月決算型)毎月3.24%1.84%-200億
野村米国ハイ・イールド・ファンド(年1回決算型)為替ヘッジあり年1回3.24%1.84%-50億
野村米国ハイ・イールド・ファンド(年1回決算型)年1回3.24%1.84%-16億
エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり毎月3.24%1.7%-737億
エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)毎月3.24%1.7%-434億
エマージング・ソブリン・オープン(資産成長型)為替ヘッジあり【愛称:エマヘッジN】年1回3.24%1.7%-5億円
エマージング・ソブリン・オープン(資産成長型)【愛称:エマソブN】年1回3.24%1.7%-2.1憶
DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコース(為替ヘッジあり)毎月2.16%1.56%-1300億
DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Bコース(為替ヘッジなし)毎月2.16%1.56%-300億
三菱UFJ 米国高格付債券ファンド<為替ヘッジあり>(毎月決算型)【愛称:USトップ ヘッジあり】毎月2.7%1.19%-12億
三菱UFJ 米国高格付債券ファンド<為替ヘッジなし>(毎月決算型)【愛称:USトップ ヘッジなし】毎月2.7%1.19%-20億
高金利先進国債券オープン(毎月分配型)【愛称:月桂樹】毎月2.16%1.35%-4517億
高金利先進国債券オープン(資産成長型)【愛称:月桂樹(資産成長型)】年1回2.16%1.35%-127億
eMAXIS 先進国債券インデックス年1回-0.65%-103億
eMAXIS 新興国債券インデックス年1回-0.65%-51億



R
E
I
T
MHAM Jリートアクティブファンド(毎月決算型)【愛称:Jインカム】毎月2.16%1.08%0.3%119億
DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)毎月2.7%0.92%0.3%3000億
ダイワ・US-REIT・オープン (毎月決算型) Aコース(為替ヘッジあり)毎月2.7%1.64%-20億
ダイワ・US-REIT・オープン (毎月決算型) Bコース(為替ヘッジなし)毎月2.7%1.64%-6439億
eMAXIS 国内リートインデックス年1回-0.43%0.3%120億
eMAXIS 先進国リートインデックス年1回-0.64%-100億

[引用元] ゆうちょ銀行 投資信託一覧

さすがゆうちょ銀行ですので、リスクが少ないと言われている債券(とりわけ海外債券)を対象としたものに厚みがあります。しかし窓口業務のコストが掛かることは理解していても販売申込手数料がほとんど2%を超えているのはどうでしょう?

100万円を投資してもスタート時に98万円になってしまいます。今の金利で2万円の利息を得るのにどれだけの時間がかかるかみなさんはご存知かと思います。

さらに運用管理費として年1.0%以上が必要とされます。投資信託商品は預金ではないので初年度から5%以上の利回りで運用できるとはかぎりません。なので窓口で購入できる投資信託はほとんどが初年度マイナスになる可能性もあります。

毎月分配型の投資信託もNISAに向かないので、これを除外していくと…

オンライン無料会員になって「ゆうちょダイレクト」でインターネット経由でeMAXISシリーズを購入するのが一番よいという結果になります。

インターネットの操作に不安があるなら、家族の詳しい方にアドバイスを受けながらでもよいと思います。また、地元の郵便局とすでにお付き合いあると思いますので別件で自宅に来てもらい、ゆうちょダイレクト画面を見ながら操作アドバイスを受けながら申込するのもありだと思います。そうすれば年0.65%しか費用がかかりません。

今現在ゆうちょ銀行でNISA運用(投資信託)するなら、窓口で購入できる投資信託ではなく、NISA口座開設後「ゆうちょダイレクト」で手数料・運営管理費の安いe-MAXISシリーズで積立てるのがベストな方法と言えます。

ゆうちょのNISA口座はコチラ

ゆうちょのNISA

NISA口座一覧